著書 改訂版(電子書籍)無料でご利用いただけます!


4年前に出版された私の著書ですが、増刷され多くの方々にご利用いただけました。また、そのおかげで私も多くの経験を重ねることができました。そこで、そんな経験をもとに著書の改訂版を書き、それを電子書籍として無料でご利用いただけるようにしました。

私の目的は本の出版ではありません。私の考えをお役立ていただき、ひとりでも多くの子どもが元気をとりもどしてほしい。私の思いは、それ以上でもそれ以下でもありません。4年前は、その手段が本の出版でしたが、今ならそれは電子書籍ですぐにお役立ていただけます。

「こころのケア」というアプローチに、疑問や限界をお感じになっている方。私のいう、脳の働き、脳の栄養状態にピンときた方は、無料でダウンロードできますので今すぐ問題解決にお役立てください。

不登校・著書改訂体験版のご利用方法

  • 著書改訂体験版の電子書籍はこちらよりダウロードできます。
  • 電子書籍にはパスワードがかかっています。こちらよりパスワードをご請求ください。すぐに返信メールがお手元に届きます。

お申込はこちら

  • パスワードをコピーペーストしていただくと、電子書籍がお読みいただけます。


改訂版をお読みになった方々の感想をご紹介します。

著書の購入者です!

著書を購入し、すでにご指導をいただいております。
また、現在、子どもの状況が好転していること目の当たりにしておりますので、あらためてこの電子書籍で勉強をしなおそうと思いました。

著書の内容を、さらに噛み砕き、たとえ話を交えて説明してくれていますから、なおさらわかりやすかったです。
私たち親子のように、こころの問題という呪縛から抜け出せる方、おひとりでも多くいらっしゃるように応援しております。

目から鱗でした!

今まで考えていた事と違い、目からうろこでした。
さんざんカウンセリングに通いましたが、娘はどんどんそれに拒否反応をするようになりました。途方にくれているとき、ブログからぐうぜんこの電子書籍に出会い、娘の様子がパズルが埋まるように理解できました。
1年にわたる娘の不登校ですが、やっと光が見えた気分です。

行き渋りが解決

不登校の一歩手前が続き、カウンセリングを受けていました。が、登校前の行き渋りが2年も続き、どうしていいかわからず悩んでいるときです。息子の同級生にあって驚きました。
この子は、2年生のときから不登校でとてもおとなしい印象でした。それが1月に登校するようになると、驚くほど明るく元気に活発になっているではありませんか。他のおかあさん方の間でも、この子のことは評判になっていて、誰もが「ほとんど別人みたいに元気!」と口にするほどだったのです。
そこで息子のことで彼のお母さんに相談して、鈴木先生の話を聞きました。
書かれていたことを2週間くらい実行したとき、その効果というか、鈴木先生のいう脳の働き、脳の栄養状態を実感しました。
それまでのうじうじした感じや、能面のような無表情がなくなりました。また、帰ってきてもゴロゴロしているだけだったのが、今では帰宅するとすぐにサッカーにでかける毎日です。
朝の行き渋りがあったことなど、ウソのようです。ありがとうございました。

解決済みですが・・・

すでに2年以上前ですが、3年にもおよんだ娘の不登校に悩み苦しむ日々をすごしていたものです。
鈴木先生の著書を購入し、それを実行。私を叩いたり蹴ったり、物を壊したりと、あれほど荒れていた娘がウソのように落ち着き、穏やかになっていく姿を目の当たりしました。そして、元気に登校できるようになり、今ではなんの心配もなくなっています。
が、このたびの著書改訂版の話を伺い、あらためて勉強のために読ませていただきました。
先生のおっしゃるとおり、著書よりさらにわかりやすくなっていて、かつ無料というのは、著書の購入者としては「ずるい!」(笑)と思ってしまいます。
先生、お久しぶりですがお元気そうですね。
また、前にもましてお忙しいと思いますので、お体に気をつけてください。

反省しています。

息子がすぐにキレ、暴力をふるうようになったのは小学3年くらいからでした。学校に行けば、必ず誰かを殴ったり、ガラスなど物を壊したりしてしまい、母親の私は毎日、息子の同級生のお宅にお詫びに伺う日々が続いていました。
そんな日々が続き、正直、こんな子どもはいないほうがいいと心から思うようになってしまいました。そして中学に入り、すぐに不登校になりました。そしてその頃から、私を殴ったり蹴ったりするようになり、私の体は青タンだらけです。ここ半年は、主人にも殴りかかるようになってしまいました。
家のなかはメチャメチャでした。テレビやパソコン、携帯電話、壁、イス、机、ガラスなど、ありとあらゆるものが破壊されました。その一方で、1~2ヶ月に1回くらい登校すると、そこでは友達を傷つけます。私の仕事は、後片付けやお詫びなど、すべて息子の後始末。正直、「こんな子は死んでくれたほうが・・・」と、心から思ってもいました。
そんなとき、先生の電子書籍に出会いました。そして、「家庭内暴力も、性格の問題ではなく脳の働きの問題。」「脳の栄養状態」というお話に、大げさではなく衝撃を受けました。
そこで、先生の指摘されている注意を守ってみると、ほんの2週間前後で息子は変わりはじめました。2ヶ月たち、まだ、些細なことで声を荒げますが、それも一瞬でおさまります。物を壊すことはもちろん、暴力もありません。また、なにより、いつもギラギラした目をしていましたが、それが優しくなり笑うようにもなりました。
「おかあちゃん、ありがとうな!」
「手伝うで!」
「フロ洗ったといたで!」
今までありえなかった手伝いや、お礼の言葉を口にするようにもなっています。感謝とともに、先生の指摘されている脳の栄養状態がいかに大事なのか、また、母親として反省する毎日です。引き続きお世話になります。
よろしくお願いします。

不登校著書

↑改訂版ダウロードはこちら↑

お申込はこちら

↑パスワードはこちら↑


こころの専門家だからこそ気づかない、一番重要なことを書いたつもりです。

実際、ある専門家の方からは、
「だから私のチカラが及ばなかったのか・・・」
というお話を頂戴しています。

実務家として書くべきことは書きました。
この本をもとに、まずは不登校・ひきこもりの具体的な対策に手をつけてください。

  • このアプローチを取り入れた方から「子供が驚くほどはやく元気がでて・・・」という類のレビューをいただいております。が、これは例外ではありません。
  • このアプローチは、それほど即効性があるのが特徴です。著者として、その事実は強調しておきます。

不登校著書

↑改訂版ダウロードはこちら↑

お申込はこちら

↑パスワードはこちら↑

「不登校・ひきこもりは治る!」 著書

購入する!

きっと元気になります!

鈴木邦昭

鈴木の著書

当店の取り組みが放送されました。

「こころの相談室」レギュラー出演


© 神仙堂薬局/不登校専門相談店.com